「貿易実務検定」って、どんな資格?

これまで、各校の通関士試験対策用講座について見てきましたが、学校のなかには「貿易実務検定試験」向けの講座を併せて開講しているところもあります。
本サイトの主役である「通関士」は、言うまでもなく貿易実務のエキスパートたる資格ですが、「貿易実務検定」との違いはどこにあるのでしょうか?このページでは少し寄り道をして、通関士の類似資格である「貿易実務検定」について触れておきたいと思います。

貿易実務検定も、その名前が示す通り貿易実務に関する資格なのですが、通関士資格との最大の違いは、その「目的」にあります。
通関士は、試験に合格することで通関士になるための資格が与えられ、その後、通関業者に所属し税関長の確認を受けることで、通関士として通関業務を行うことができるようになります。
それに対して貿易実務検定はあくまでも「検定試験」ですので、自分自身の貿易実務に関する知識や能力を測ることが目的となります。すなわち、基本的な趣旨としては、英検などと同じということです。

資格としての知名度や有用性で言えば、通関士資格の方が断然上なのですが、貿易実務検定を受験することにも、もちろんメリットはあります。
通関士試験で学習する内容は、同じ貿易分野でも通関業務に関連する事柄が中心となりますが、貿易実務検定ではマーケティング、交渉、契約、通関、金融、法律、保険など貿易に関する幅広い事柄を学習することができます。
また、海外企業とのやりとりが多い商社やメーカーなどでは、勤続年数に応じて貿易実務検定の取得を義務付けているところなどもあります。裏を返せば、そうした企業に転職する際に、この資格は大きな武器のひとつにもなります。

一方、通関士資格との絡みで言えば、通関士試験で学習する内容と一部重複する部分もあるので、ダブルライセンスを目指しやすい資格とも言えます。
通関士試験合格後に、貿易に関する知識をさらに広げるために貿易実務検定を受験するのも良いと思いますし、逆に貿易実務検定を先に勉強して基礎知識を身につけてから、通関士に挑戦するのも良いと思います。

>>仕事しながら通関士の資格を取得するのに一番の勉強法とは?